IronRubyの最近のブログ記事

IronRuby 1.0 RC2の公開がされたので、リリースノートを見てみた。

IronRuby 1.0 RC2は http://ironruby.net/download から

IronRubyのスクリプトを C# から呼び出していて、Rubyソースにバグがあり例外が発生した際、そのままではトレースできない。

どのようにトレースするかについて、まとめてみる。

Azureで独自のハンドラ ( IIS と IHttpHandler ) で、独自のハンドラを追加できた。

これを応用して、IronRubyを動かしてみたい

IronRuby と C#のバインディングを通じて、Azure上でホスティング出来ないか?を検討している。

その中でIronRuby と Hash構造について気になった事が出てきたのでまとめておく

IronRuby と C#のバインディングを通じて、Azure上でホスティング出来ないか?を検討している。

その中でIronRuby の文字列と .NET(C#)の文字列の間にさらに気になった事が出てきたのでまとめておく

IronRubyのMutableString固有のメソッド

IronRuby と C#のバインディングを通じて、Azure上でホスティング出来ないか?を検討している。

その中でIronRuby の文字列と .NET(C#)の文字列の間について気になったのでまとめておく。

AzureのWebRole と IronRuby RC1 のつなぎこみが出来たのでうれしくなってスクリーンショットを取った

IronRuby RC1 が出ていた事は、以前の調査しているときにみていたのだが、(まだ SocketのBUGは直ってないようだ) 最近 Jimmy Schementi氏のBLOGに IronRuby @ RubyConf 2009 - Part 4: Project status という記事が投稿されていた。

簡単にまとめてみた

いままで、キューについていろいろ書いてきた。また、先日は RubyとdRubyからマルチスレッド対応Queueの使い方 について、記載した。

前回にC#からIronRubyスクリプトの呼び出し方法についていろいろ書いたが、もうちょっと詳しくみてみる。

 

前回の C#からIronRubyスクリプトを呼び出してみる の記事を書いたが、続きについて書いてみる。

今回は、C#からIronRuby側に値を渡してみたいと思う。

 

C# から IronRuby の呼び出しをしてみたくなったので、試してみる。

 

今までの解析で、IronRuby 0.9.2の不具合らしいと分かった。
このままほっておいても、幸せにはなれない。

かといって自分でパッチを当て続けるのも違う。

本家の方に見てもらう必要があるということで、修正イメージを報告する。

 

前回の調査で、連続要求発行の安定動作が見込めないことが分かった。

夜な夜な解析をしたので、そのことについて書いてみる。

 

IronRuby と MRIの連携(dRuby)で通信が出来るということは確認した。しかし、安定していないと当然使い物にならない。
この辺を確認するために、今回調べてみようと思う。

IronRuby と MRI の連携を考えてみる。

ruby には dRuby と呼ばれるライブラリがある。サイトを見ると以下のような記載がある

dRubyはRubyのメソッド呼び出しを拡張し、ネットワーク越しにメソッド呼び出しを行なえるようにするライブラリです。 JavaのRMIやHORBをイメージすると近いです。

また、100% pure ruby な実装とのことです

今回は、この dRuby を用いて、プロセス間通信をしてみる。

引き続き IronRuby と MRI の比較を行いたいと思う。

数ヶ月前にIronRubyを知るために、IronRuby と matz氏のruby の実行結果を比較をした。
その結果を自分のPCのディスクの肥やしになっていてもしょうがないということで、記載してみようと思う。

基本的に、IronRuby は動くだろうという前提のもと、自分の興味のある部分についてテストしただけなので、まったくもって網羅されてない。

何故そんなことを思ったのかを踏まえて記載出来ればと思う。

前回、前々回、IronRubyの日本語処理について記述してきたが、今回は実際のコードのどの辺が影響しているか記述しようと思う。

 

IronRuby IronRuby 日本語処理 で IronRuby 0.9.1 では日本語処理が動作しないとあったが、一部、調査不足があった。実際には -Ks を付けることで動作するようだ。

 

 

IronRuby 日本語処理

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回、IronRuby の日本語処理で泣きたくなる状況という事を書きました。せっかくなのでこれについて、少しメモ程度に残しておこうと思う。

 

あわせて読みたいブログパーツ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちIronRubyカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはjrubyです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。