Kinectの最近のブログ記事

さて秋も深まり一層寒くなってきました。 これだけ寒いと、運動したくなるという事で、Kinectを使って運動しましょう。

【送料無料】Kinect スポーツ

【送料無料】Kinect スポーツ
価格:4,998円(税込、送料別)

運動と言えば、なでしこジャパンなど、サッカー。 拡張現実を使って、サッカーフィールドを再現してみるとか思うのも一つかと思います。

さて、今回は Kinect for Windows SDK beta を題材です。いままでは OpenNI でしたが やっぱり マイクロソフトさんということで、Kinect for Windows SDK beta に取り組みます。

Kinect for Windows SDK beta に関しては、記事を書いているので Kinect for Windows SDK(ベータ版)開発入門 を参考にしてください。

Kinectというマイクロソフトから販売されたXbox 360向けのゲームデバイスでプレイヤーの位置、動き、声、顔を認識することができたりする。このデバイスを知って、自分は XBox 360 を持っていませが、思わず欲しくなってしまったので、購入しました。

今回は、このkinectの本当の凄いところである骨格情報について取得してみようと思う。

Kinectというマイクロソフトから販売されたXbox 360向けのゲームデバイスでプレイヤーの位置、動き、声、顔を認識することができたりする。このデバイスを知って、自分は XBox 360 を持っていませが、思わず欲しくなってしまったので、購入しました。

今回は、このkinectを無駄につかって、仮想キーボードっぽいものを表示してそれを操作してみました。

Kinectというマイクロソフトから販売されたXbox 360向けのゲームデバイスでプレイヤーの位置、動き、声、顔を認識することができたりする。このデバイスを知って、自分は XBox 360 を持っていませが、思わず欲しくなってしまったので、購入しました。

今回は、 KinectをC#から使ってみる(先走り編) で動かしたソースについてみてみます。

インストールについては KinectをPCで使う1 を参照ください。

Kinectというマイクロソフトから販売されたXbox 360向けのゲームデバイスでプレイヤーの位置、動き、声、顔を認識することができたりする。 このデバイスを知って、自分は XBox 360 を持っていませが、思わず欲しくなってしまったので、購入しました。

今回は、サンプルの1つを紹介したいと思います。

インストールについては KinectをPCで使う1 を参照ください。

Kinectというマイクロソフトから販売されたXbox 360向けのゲームデバイスでプレイヤーの位置、動き、声、顔を認識することができたりする。このデバイスは、多くをデバイス内のプロセッサで処理をしているらしく、ソフトウェアの処理が軽減される。

このデバイスを知って、思わず欲しくなってしまったので、購入した。

なお、自分は XBox 360 を持っていません。

このデバイス、NITEというライブラリを使えば、比較的簡単に利用できそうという事で挑戦。

インストールについては KinectをPCで使う1 を参照ください。

KinectをPCで使う1

| コメント(2) | トラックバック(3)

Kinectというマイクロソフトから販売されたXbox 360向けのゲームデバイスでプレイヤーの位置、動き、声、顔を認識することができたりする。このデバイスは、多くをデバイス内のプロセッサで処理をしているらしく、ソフトウェアの処理が軽減される。

このデバイスを知って、思わず欲しくなってしまったので、購入した。

なお、自分は XBox 360 を持っていません。

あわせて読みたいブログパーツ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちKinectカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはGAEです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。