Hokuriku.NET vol 5に参加してきました

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

Hokuriku.NET vol 5 に参加してきました。

みなさん、ありがとうございました。

きっかけ

池原大然さん の LightSwitch で 最速 RIA 開発 にひかれて、参加表明しました。

参加するには、何か発表をしないとということで、LTで、セレナにWindows 7 PCを 乗せてみたという自慢話をしてきました。

Windows 7 タスクバーを使い尽くす

個人的に、Windows 7 のタスクバーは Windows 7 の目玉ではないかと思っています。 アプリケーションが対応していれば、色々な情報が、タスクバーから読み取れるので。

今回は、マイクロソフトの田中達彦さん はこの Windows 7 のタスクバーについて どのようにプログラムするか実演を踏まえつつお話いただけました。

  • タスクバーのクラスライブラリやそのアクセス用のAPI
  • オーバーレイアイコンやスクリーンショットを表示する方法
  • スクリーンショットに「○禁」を出してスクリーンショットを別の画像に置き換える方法
  • ジャンプタスク、ジャンプリストの紹介

HTMLやJavaScriptから、ジャンプリスト、ジャンプタスクを操作できるという事を 知り、驚きました。

LightSwitch で 最速 RIA 開発 + α

LightSwithに興味がありました。というのも RoRのころから、画面や基本ロジックが 設定的に作られ、さらにカスタマイズできるという仕掛けには興味をもっていたからです。

最初にLightSwitchの基本操作についてお話いただきました。 5分で実際のアプリを作ってみるという事で、デモをしていただきました。

昔Ruby on Railsが流行った時は、10分で作るでしたが、ドックイヤーのこの時期、 あるいはムーアの法則なのか、10分ではなく、5分になっていた所が、 この業界の加速性のポイントかと改めて怖さと凄さを感じた次第です。

Visual Studio LightSwitch はベータ版らしく

  • 安定性などに問題が
  • コントロールが不足している
  • 画面のプレビューが出てこない

など色々使いづらいところはありますが、これもベータ版。製品版になっていく過程で かなり解消されるのではないかと思いました。

ただ、表示部品が少ないのでカスタムコントロールが必要になりそうだなと、 またカスタムコントロールは Microsoft Silverlightであるため XAMLや データバインディングについて、知識が必要であるとの事もいただきました。

非常に興味深いソフトウェアだけに、今後が楽しみです。

Windows Phone 7開発入門

Hokuriku.NET では、Windows Phone 7 の人気が高く、色々な人が開発に 興味を持っておられ、盛んに挑戦されているようです。

実際、会場全体(22人程度?)のうち5人が Windows Phone 7 を所有してるという ほど、人気があるようです。まだ日本で売ってないのに。

その中でも、興味をもたれていた、西村誠さんが、実際にWindows Phone 7用の アプリケーションを開発し、マーケットに出されたという事で、 その事について色々とお話くださいました。

実際に Windows Phone 7 の魅力的なポイントの紹介などをいだだいて、 さらに実際の開発中での体験談を頂き、非常に貴重でした。

LT

Xbox で Kinect を体験をしてみよう!

@ramu_mysteryさんが、実際にXBox と Kinectを持ち込んで、 実際のKinectの体験をしました。

自分は XBox を持たず Kinectのみで色々想像していたのですが、 実際にXBoxのゲームをしてみて、Kinectらしいユーザー体験が できたのではないかと思います。

さっそく XBOX 360 の入手の為に、色々とショッピングサイトを 覗いてたりします。

これから XBOXとKinectを入手するのであれば、キネクト同梱版が良いと思いますが、 もし PC に接続するつもりがあるのであれば、別々に入手する事が良いようです。

別々の場合には、USB接続ですが、同梱版の場合専用接続であるため、 そのままではささらないようです。

車にWindows 7 PCをのっけてみた+

自分は、車載PCについてのお話をしました。

電源確保や、バッテーリー搭載案、はたまたARMボード、組込みLinux搭載など 車にWindows 7 PCを乗せる以外も色々考えられましたが、 その辺の経緯は、ばっさり省いて、 Windows 7 に特化したPCについての話をしました。

Windows Phone 7アプリ開発のススメ

@kabakiyoさんによる、Windows Phone 7 についての魅力が詰め込まれていました。 あまりにも、Windows Phone 7の魅力の紹介なので、言葉で説明ができません。

実際に@kabakiyoさんのプレゼンを聞いてください(^^)

ビジネス・シュミレーションゲーム「THE商社」

筏井さんが、「THE商社」を使って、私たちの戦略思考が以下にたりてないかについて、 カツをいれてくれました。

次回は是非、教科書を読んだりしつつ考えてみたいと思います。

さいごに

色々と興味深いお話がおおく、また懇親会でも、新たな人や興味深い人の お話が聞けました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/87

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2011年2月 1日 11:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Kinect を使った仮想キーボードのプロトタイプ」です。

次のブログ記事は「KinectとC#で骨格情報を取得してみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。