裁断サービスの1冊あたりの実費用を計算してみた

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

裁断サービスで試しに4冊を裁断していただいたが、送料1500円、代引き手数料315円、裁断料420円と、1冊あたり550円程度かかることになります。

テスト的に使うのでコストがかかったのはのは仕方がないのですが、実際、沢山頼むとなると1冊500円では困るので計算してみました。

簡単な計算

先日利用した、東和インフォセービングス さん提供の 書籍製本裁断バラシサービス では、大まかに以下のようになっているみたいです。

  • 1冊 105円
  • 代引き手数料 315円
  • こちらからの送料は自分持ち
  • 55冊までの返送料は自分持ち
  • 56冊〜110冊までは3,000 円(目安:2箱)までサポート頂ける

詳しくは 書籍裁断(断裁)サービス価格表 を参照ください

方針

とりあえず 56冊以上まとめると、送料が安くなるのではないかと考え計算を始めます。

とはいえ、何もなしに計算が出来るほど簡単ではないので、コミック本を前提に 計算をします。

いわゆるコミック本はB6サイズ(128mm×182mm)程度のようです。厚さはまちまちですが5mmのものや10mmのもの 15mmのものまであります。(先日頼んだ本は 15mmでした)

コミック本以外にも同等サイズの書籍は沢山ありますので、コミック本に限りませんが。

また、クロネコヤマトさんで配送を考えるとすると以下のようなサイズになります。

  • 60サイズ
  • 80サイズ
  • 100サイズ
  • 120サイズ
  • 140サイズ
  • 160サイズ

このサイズは縦・横・高さの合計のセンチらしいので、このサイズに収まるようにするのが得策です。

計算

単行本1冊 15mmとして計算してみます。絵にしてみるとこんな感じです。

1蜀・ width=
1冊 posted by (C)k1ha410

これを、4冊底に並べてみて、それを積み上げるというやり方で計算してみます。

縺セ縺ィ繧√※
まとめて入れる posted by (C)k1ha410

ちなみに、梱包用の箱は、クロネコボックス(10) (縦27cm/横38cm/高さ29cm) (購入価格180円) に詰めることとします。 <参考→ ヤマト運輸トップ > 商品・サービス名一覧 > 包装資材案内

もし、4冊をしきつめると、ちょうど 37(36.4)cm / 26(25.6)cm となり、ほぼクロネコボックス(10)にきっちりおさまります。 若干余裕があるので、隙間は新聞紙などを入れればいいかと思います。

もし、この箱の高さ29cmに本を積み上げると

  • 本の厚さが 17mm の場合、約16冊の高さとなり、合計64冊( 2×2×16 = 64)
  • 本の厚さが 15mm の場合、約19冊の高さとなり、合計76冊( 2×2×19 = 76)
  • 本の厚さが 12mm の場合、約24冊の高さとなり、合計96冊 ( 2×2×24 = 96 )
  • 本の厚さが 10mm の場合、約28冊の高さとなり、合計112冊( 2×2×28 = 112)

の本が1度に梱包できます。

なお、裁断後のラップフィルムの梱包など考慮し高さには余裕を持たせています。 (1cm程度の隙間を設けています。返送時に大きくなりすぎて返送料が高くなる事はないかと考えます)

計算結果

上記の結果を元にすると、56冊以上なので、返送料は込となっていると考えられ 以下の計算になります。

  • 裁断の費用 105円/1冊
  • 代引き手数料 315円
  • 送料 1160円,1260円,1370円...
  • 返送料 込

また、本の厚さによって送付可能な合計冊数が変わるのですが、同じ箱ということで 以下のようにまとめてみた。

送料は、 ヤマト運輸トップ > 料金・お届け予定日検索 > 宅急便運賃一覧表 > 関西 を参考にしました(送付先が関西の為)

結果、日本の多くの地域では、1冊125円〜130円程度の費用で裁断できる事が計算できました。

詳しい計算は以下の表を参考にしてください。

  • 中部、北陸、関西、中国地方
蛟、谿オ1160
計算結果1160 posted by (C)k1ha410
  • 関東、信越、四国、九州
蛟、谿オ1260
計算結果1260 posted by (C)k1ha410

まとめ

家に本がたくさんある方!電子化してみたい方、裁断サービスの利用を検討してはいかがですか?

追記

とある方から、55冊までのお値段について指摘があったので計算してみました。

梱包方法

梱包用の箱は、クロネコボックス(6) (縦20cm/横27cm/高さ13cm) (購入価格120円) に詰めることとします。 <参考→ ヤマト運輸トップ > 商品・サービス名一覧 > 包装資材案内

詰め方は、2x2は無理なので、1x2として以下のような詰め方にします。なおサイズは60サイズとなり送料もその分お安くなります。

少ない本
少ない本 posted by (C)k1ha410

これですと、15mmの本で8段、12mmの本で10段 が限度となり、16冊から20冊が格納できる範囲です。 また、先ほどの クロネコボックス(10)に56冊未満の本を格納した時の1冊あたりの値段も計算してみました。

(なお、「中部、北陸、関西、中国地方」のみの計算となります。)

56冊未満ですと、送付と返送の往復分の送料を負担しないといけないようで、 このような計算結果となります。

値段_56冊未満の時
値段_56冊未満の時 posted by (C)k1ha410

20冊程度あつまると、おおよそ1冊200円程度の金額となるようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/78

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2010年10月29日 11:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「裁断サービスを利用してみた体験記」です。

次のブログ記事は「裁断した本をスキャンしi文庫HDで読めるようにしてみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。