VMware Player 3.0 本体のインストール

| コメント(0) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク

VMWarePlayer 3.0 を別のマシンにインストールしたので、ついでにスクリーンショットを撮った。

インストール記事としてまとめておく。

はじめに

以前の記事 「 VMware Player 3.0 簡易インストール 」 「 VMware Player 3.0 簡易インストール Windows 7 編 」 で、Windows XP と Windows 7 の簡単インストールについて書いた。

ちょっとマシンを入れ替えた際に、VMWarePlayer3.0を再度インストールしたので、 VMWarePlayer3.0のインストールについて記載しておく。

(検索結果にも VMWare Player 3.0 インストール というキーワードで訪れてくれているようなので)

インストール手順

基本は以下の手順でインストール可能である。

  • VMware Player 3.0のダウンロード
  • インストール
  • 再起動
  • ライセンスの許諾

VMware Player 3.0のダウンロード

ダウンロードは以下のサイトから行う。 VMware Player 、仮想マシン、仮想PC

ユーザ登録が必要です。(既にユーザ登録してあるので、手順は割愛します。確か姓名とメールアドレスが必要でした)

インストール

ダウンロード済みのファイルをダブルクリックしてインストールします。

ダブルクリックすると以下のようにインストール準備が始まります。

vm00
vm00 posted by (C)k1ha410

ダブルクリックすると以下のようにインストール準備が始まります。

vm01
vm01 posted by (C)k1ha410

次をクリックし

vm02
vm02 posted by (C)k1ha410

インストール先を選択します。

vm03
vm03 posted by (C)k1ha410

また、ショートカット作成先も選択します。

vm04
vm04 posted by (C)k1ha410

続行をクリックすると

vm05
vm05 posted by (C)k1ha410

インストールが開始されます。

vm06
vm06 posted by (C)k1ha410

インストール後再起動が必要となります。

vm07
vm07 posted by (C)k1ha410

再起動後、VMWare Player を起動すると、使用許諾が表示され、承諾するとメニューが表示されます。

vm08
vm08 posted by (C)k1ha410

おわりに

基本インストーラに頼って、デフォルト設定でOKです。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/66

「無料」が大好き! お得に生きる“タダ”LIFE - [利用無料]仮想PCなら今はコレ!"VMware Player3.0"[かなり快適] (2010年3月15日 11:40)

これまで、フリーソフトやセキュリティソフトを試してみるのに仮想PCを 立ててテストしてきました。 VMware Player2.0、VMware Serv... 続きを読む

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2010年1月18日 17:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GoogleAppEngine(Jruby) インストール」です。

次のブログ記事は「VMware Player 3.0 簡易インストール Ubuntu 9.10 編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。