Ruby 1.8.6 のインストール

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

今更ながらではあるが、Ruby 1.8 (Matz氏実装のRuby)を Windows にインストールした際のメモを記載する

概要

既に 1.9.1が安定バージョンとして出ていますので、今更ながら 1.8 シリーズなのか?となりますが ここでは 1.8.1 を入れる。

インストール手順

  • Ruby Installer for Windowsよりダウンロード
  • ダウンロードファイルのインストール

インストール

ダウンロード

Ruby Installer for Windows より、「RubyInstaller」のrubyinstaller-1.8.6-p383-rc1.exeを入手する。

ruby_install01
ruby_install01 posted by (C)k1ha410

なお、1.8.6を選択するが、RC1と製品候補版である。しかし、1.9シリーズではなく1.8を利用する。

インストーラの起動

  • ダウンロードしたrubyinstaller-1.8.6-p383-rc1.exeをダブルクリック
    インストーラに従いインストール
ruby_install02
ruby_install02 posted by (C)k1ha410
  • ライセンス確認
ruby_install03
ruby_install03 posted by (C)k1ha410

ライセンスを確認し同意する

  • インストール先設定
ruby_install04
ruby_install04 posted by (C)k1ha410

(Add Ruby executables to your PATHのチェックを付ける)

  • インストール開始
ruby_install05
ruby_install05 posted by (C)k1ha410
  • インストール完了
ruby_install06
ruby_install06 posted by (C)k1ha410

インストール確認

コマンドプロンプトを開いて「ruby -v」と入力し、バージョンが表示されればOK

おわりに

基本的に、インストーラ手順に従えばOK。便利なものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/64

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2010年1月18日 08:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IronRuby の Runtime Error と スタックトレース」です。

次のブログ記事は「GoogleAppEngine(Jruby) インストール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。