GoogleAppEngine(Jruby) インストール

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

Google App Engine で ruby(jruby)を使うための手順について記載しておく

はじめに

Google App Engine は Python と Java のSDKが公開されているが、 JVMが動作するという事で、その上に様々な言語の環境を作る事が出来る。

今回は、Google App Engine(GAE)に Ruby (JRuby)環境を構築する手順を 書いておこうかと思う。

構築手順

環境を構築するには、以下の手順でインストールしていく

  • Rubyのインストール
  • JDKのインストール
  • google app engine のインストール

Rubyのインストール

Ruby 1.8.6 のインストール ファイルをダウンロードしてインストールしていく。

JDKのインストール

  • インストール
    ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックしインストールを実施する。
    基本的に、ライセンス確認、インストール方法の選択等がでてくるが、
    そのまま入力すればOKである
posted by (C)k1ha410

google app engine のインストール

さいごに、ruby用の google app engine をインストールする。

単純に考えると

  • jrubyのダウンロードとインストール
  • google app engine Java SDKのダウンロードとインストール

等が必要であるが、これはらこの後の作業で自動的に行われる。

手順は以下の通り

  • コマンドラインを起動する
  • 以下のコマンドを叩く
c:\> gem update --system
c:\> gem install google-appeingine
 
 

スクリーンショットは以下の通り

posted by (C)k1ha410

完了

これで、インストール完了である。後は開発するだけ

さいごに

わずらわしい作業なしに、ruby 開発環境用の google-app-engine の設定ができた。 これは、凄く助かる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/65

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2010年1月18日 09:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Ruby 1.8.6 のインストール」です。

次のブログ記事は「VMware Player 3.0 本体のインストール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。