あなたのクラウドアプリでAzureを使う10の理由 (10 reasons to use Azure for your cloud apps)

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

「10 reasons to use Azure for your cloud apps」 を無理やり日本語文字を使って読んでみた。

きっかけ

「10 reasons to use Azure for your cloud apps」 (あなたのクラウドアプリでAzureを使う10の理由) の記事を紹介していただいた。

流し読みをしたが、今回は適当に訳をしてみようかと思いたった。 (元の記事の方には連絡とってないけどいいのかな...?)

問題があったら消します。

なお、英語は嫌いだし、中学生以降英語をした記憶がないので(おおげさ)、文法も用法も適当です。 その辺ご了承ください。

10 reasons to use Azure for your cloud apps(あなたのクラウドアプリでAzureを使う10の理由)

Familiarity of Windows(Windows を知っているから)

AzureはWindowsに基づくので、あなたはアプリケーションをWindowsアプリのために使用した同じプログラミング言語(Visual Basic、C++、C#)で記述すること出来ます。 ASP.NETと他のおなじみのWindows技術とともに、Visual StudioのようなIDEを使用することもできます。 これは、会社がAzureプラットホームのためにアプリケーションを作成できる開発者を簡単に見つけることが出来、 そして、Azure環境が非常に標準的なWindows環境のように見えるので、既存のWindowsアプリケーションのクラウド対応版を容易に作成できます。

64-bit Windows VMs (64ビットWindows VM)

Azureアプリケーションは64ビットWindows Server 2008の仮想マシンで動作しています。 それらはクラウド用に設計されたハイパーバイザです。 アプリケーションはWebRoleまたはWorkerRoleのVMインスタンスを使って開発されるので、 OSを管理して、維持すること必要はありません。 アプリは、各々のVMに代々起こるWindows Azureエージェントを通して、他のAzureコンポーネントと相互運用します。 Azureで、あなたはコードに集中することができて、ハードウェアについて心配する必要がありません。

Azure SDK

マイクロソフトはWindows Azureソフトウェア開発キット(SDK)を提供します。 それは自分のコンピュータで走らせることができるAzure環境のバージョンを含みます。 それはWindows Azure Development Fabricと呼ばれており、 そして、それはAzureエージントとストレージを含みます。 アプリケーションを開発して、デバッグするとき、あなたはローカルで動作ことができます、 開発後それをクラウドの方へ移動してください。 マイクロソフトから、SDKとともに、あなたはVista / Studio 2008と2010 のためのツールを ダウンロードすることができます。

download the tools for Vista Studio 2008 and 2010, along with the SDK

Scalability and flexibility(スケーラビリティと柔軟性)

Azure を使って、あなたは10 ?10,000(1万) または 10,000,000 (1000万)人のユーザから 利用されても確実に動作する アプリケーションとスケールすうアプリケーションを追加コードなしに簡単につくることができます。 Azure ストレージは、クラウドの中でスケーラブルで、安全な、パフォーマンス効果的なストレージサービスを提供します。

あなたがウェブアプリを作成した後、アプリケーションの利用するプロセッサの数を指定することができます。 アプリケーション利用者が増加する要求に応ずるために拡大する必要があるならば、 より多くのプロセッサを使うために設定を変えることは簡単です。 「収入の範囲で支払い、利用者が増加するので追加支払いをする」 ことは、素早く市場にあなたの新しいアプリを持ってきて、より速くあなたの顧客の要求における変更を可能にします。

Cost benefits and pricing model(コスト効果と価格設定モデル)

クラウドの中で資源を利用することは、オンプレミスのリソースの構築と拡大のコスト削減させることができます。 オフプレミスにハードウェアがあるので、あなたはIT管理のコストを下げることもできます。 あなたが必要とする時に必要なコンピュータ処理時間と、ストレージ領域だけの代金を払わなければならないので、 ウェブベースのアプリケーションを作成して、テストして、デバッグして、配信するためのコストは下がります。

Azure 料金は消費量に依存していて、計算時間は時間(hour)単位、ストレージは月単にのデータサイズと月単位のデータ転送量に依存しています。

Windows Azure Platform Pricing -- Windows Azure Platform

Data center in the cloud(クラウドのデータセンター)

SQL Azureは、エンタープライズデータセンターを会社に提供します。(維持に関する"騒ぎ","頭痛","メンテナンスコスト"抜きで) データの自動フェールオーバの冗長なコピーによる高可用性と信頼性を得ます。 あなた自身データをバックアップすることについてのどんな心配もしなくてよくなります。

SQL Serverのテーブル、インデックス、ビューと同様なリレーショナルデータベースモデルであり、なじみがあるWindows DBAです。 しかし、SQL Azure Serverはより多くの柔軟性のために複数のコンピュータで分散されています。 SQL AzureとSQL Serverの違いに関して詳しくは、 Similarities and Differences - SQL Azure vs. SQL Server を見てください

Support resources(サポートリソース)

Azure が他のWindowsプラットホームと同じ普通のツールとテクノロジを使用するので、 マイクロソフトと企業を提供された資源(例えばTechNetとMSDN)の確立したサポート構造を利用することができます。 また社外のWindows用開発者の巨大なコミュニティを利用でき、質問や問題があり振り向くと誰かがいます。

Interoperability(相互接続性)

Azure で、オンプレミスアプリケーションがクラウドサービスを利用するハイブリットアプリケーションを構築する事が出来ます。 (例えばクラウドデータベースとストレージサービス) 情報提供サービスは、オンプレミスアプリケーションとクラウドサービスとモバイル機器間で働きます。

Azureは、オープンスタンダードとインターネットプロトコル(例えばHTTP、XML、SOAPとREST)をサポートします。 Java、PHPとRubyで記述されるアプリケーションのためにSDKとEclipseのためのAzureツールがあります。

Security(セキュリティ)

セキュリティがクラウドへの移行を考慮している企業の最も大きい懸念のうちの1つであるということを知って マイクロソフトはセキュリティマインドでAzureを設計しました。 .NET Access Control Serviceはをidentitiesを統合する方法を提供します、 そして、Security Assertion Markup Language(SAML)トークンはユーザがアクセスを与えられるかどうか決定するために アプリケーションにより用いられます。 マイクロソフトは、規制基準を満たすために、そのコンプライアンスフレームワークを設計しました。 詳細は、 Microsoft Azure: Security in the Cloud. を見てください

Something for everyone

Windows Azureは、ホスティングプロバイダ、ISV、システムインテグレータとカスタムソフトウェア開発者のためになることができます。 ホスティングプロバイダは、彼らのサービスを彼らには既存の基盤がなくて、より多くの基盤投資なしで新しいサービスを拡大することができます。 ISVは大きな資本支出なしでウェブアプリとSaaSをつくって、配備して、管理するためにAzureを使うことができます。 そして、彼らはより速くそれらのアプリケーションをスケールさせ、効果的にコストを節約できます。 システムインテグレータは、既存のオンプレミスインフラで動作する物をAzureの能力を利用することができます。 カスタムソフトウェア開発者はハードウェアコストを含む企業内開発の費用を都合できない顧客のソフトウェア解決をつくることができます。 そして、彼らは高価なデータセンターを建設して、維持することのないサービスとして顧客に彼らの応用を加えることができます。

おわりに

とりあえず、訳してみました。

たぶん、このような記事の書き方はしないだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/70

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2010年1月25日 17:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Azure の アカウント管理者 と サービス管理者」です。

次のブログ記事は「JrubyからJavaのコードを呼び出してみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。