Azure の アカウント管理者 と サービス管理者

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

Azureの管理者について twitter で情報を頂いたので、それについてまとめてみる。

なお、本情報の使用に関しては各自の責任でお願いします。 (間違いがありましたらご指摘頂けると幸いです)

きっかけ

Twitterで「 もう一つ。取得した複数アカウントに同一クレジットカードの割り当てOK? RT @iwata_m: 気になる。。 RT @k1ha410: Cloud Bootstrap に応募したアプリのアカウントはやっぱり CTP から本番に移行しないといけないのかな? どきどき #Azure 」とつぶやいていたら、

tumada 様から以下のようなつぶやきを頂きました。

20100122_twitter
20100122_twitter posted by (C)k1ha410

[ status1 ] [ status2 ] [ status3 ] [ status4 ]

一応、つぶやき中のURLは以下のアドレスでした。(上から順番に)

  • http://msdn.microsoft.com/ja-jp/azure/ee943806.aspx
  • http://msdn.microsoft.com/ja-jp/azure/ee943806.fig3-5(ja-jp,MSDN.10).jpg
  • http://msdn.microsoft.com/ja-jp/azure/ee943806.fig3-7(ja-jp,MSDN.10).jpg

Azureの管理者

tumada様からの情報を元に、自分なりの理解をしたところ以下のようになりました。

20100122_azure
20100122_azure posted by (C)k1ha410

支払い=開発者の場合

支払=開発者の場合、開発者がアカウント管理者とサービス管理者となるようです。

支払い=会社で開発者と異なる場合

購買や経理関係の方がなどがアカウント管理者となり、プロジェクトマネージャや開発側がサービス管理者となるようです。

1人で複数のAzureアカウントを持つ人

ケースが2つあって、

  • 各Azureアカウントに「開発者がアカウント管理者とサービス管理者」というスタイル
  • アカウント管理者「開発者がアカウント管理者とサービス管理者」というスタイル

前者で気になるのが、各Azureアカウントに同一クレジットカードを結びつけてよいのか?であるが、 できるそう である。砂金様はそのようなスタイルでアカウントをもっておられるようですが、後者の方がお勧めかと思う。

さいごに

CTPからアカウント移行という一時的な情報ですが、教えていただのでまとめてみました。

なお、この情報は正確かどうかは保証できませんので、各自の責任でお願いします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/68

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2010年1月22日 20:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「VMware Player 3.0 簡易インストール Ubuntu 9.10 編」です。

次のブログ記事は「あなたのクラウドアプリでAzureを使う10の理由 (10 reasons to use Azure for your cloud apps)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。