2010年1月アーカイブ

「10 reasons to use Azure for your cloud apps」 を無理やり日本語文字を使って読んでみた。

Azureの管理者について twitter で情報を頂いたので、それについてまとめてみる。

なお、本情報の使用に関しては各自の責任でお願いします。 (間違いがありましたらご指摘頂けると幸いです)

Ubuntu 9.10 を VMWarePlayer 3.0 にインストールした。

なんと、Ubuntu も 簡易インストールに対応していたので記録しておく。

VMWarePlayer 3.0 を別のマシンにインストールしたので、ついでにスクリーンショットを撮った。

インストール記事としてまとめておく。

Google App Engine で ruby(jruby)を使うための手順について記載しておく

今更ながらではあるが、Ruby 1.8 (Matz氏実装のRuby)を Windows にインストールした際のメモを記載する

IronRubyのスクリプトを C# から呼び出していて、Rubyソースにバグがあり例外が発生した際、そのままではトレースできない。

どのようにトレースするかについて、まとめてみる。

Azureで独自のハンドラ ( IIS と IHttpHandler ) で、独自のハンドラを追加できた。

これを応用して、IronRubyを動かしてみたい

WorkerRole と HttpListener で、「WorkerRoleでHttpListenerを単純に使うわけにはいかないようである」となってしまい悲しい状況である。

とはいえ Azure では IIS 経由があるので、そっち経由で IronRuby につながらないかと思い調査してみる。

IronRuby と C#のバインディングを通じて、Azure上でホスティング出来ないか?を検討している。

その中でIronRuby と Hash構造について気になった事が出てきたのでまとめておく

IronRuby と C#のバインディングを通じて、Azure上でホスティング出来ないか?を検討している。

その中でIronRuby の文字列と .NET(C#)の文字列の間にさらに気になった事が出てきたのでまとめておく

WorkerRoleへ外部から接続 で、外部に接続できる事が分かった。

Azure上でIronRuby動作を目指し、WorkerRoleでIronRubyを目指そうと思う

あわせて読みたいブログパーツ

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。