IronRuby 1.0 RC1のリリース

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

IronRuby RC1 が出ていた事は、以前の調査しているときにみていたのだが、(まだ SocketのBUGは直ってないようだ) 最近 Jimmy Schementi氏のBLOGに IronRuby @ RubyConf 2009 - Part 4: Project status という記事が投稿されていた。

簡単にまとめてみた

1.0に向けての目標

パフォーマンス

パフォーマンスを Matz氏のRuby MRI より高速にという目標を掲げている。 実行速度に関しては速度がでているようであるが、起動時間に関しては、 まだまだでこれからのようである。

また、MRI以外にも JRuby とのパフォーマンスの比較も行っているようである。 当初からJRubyとの比較を検討してたわけではないが、比較するようになったようである。

互換性

90%以上の互換性を目標としているらしい。実際には、RubySpecでかなり好成績をだしているみたいだ。

また、C#コードを介さず CLRが呼び出せることも目標として掲げているようである。

比較対象

基本的に比較対象が Matz氏のRuby MRI の 1.8.6 を比較対象としているから注意。

MRI 1.9対応について

次のメジャーリリースで対応とのこと。 非常に期待したい。

今後

  • RC1はリリース済み
  • 必要に応じてRC2とか出してく
  • バグ直したら、数週間でRC-finalをビルド

1.0以降について

  • 2か月サイクル
  • Visual Studio統合

さいごに

近々 IronRuby の 1.0 が出てきそうである。また Visual Stadio 統合も興味深い。 Express 等と言っておらず、本気でVisual Stadioを買いたくなる。

できたら、 このBUG 直ってほしいが、まぁ Impact Medium だし、すぐには直らないかも。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/45

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2009年12月19日 19:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Azure Storage の BLOBオブジェクトの MetaData に日本語を格納」です。

次のブログ記事は「クラウド技術の基本部分」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。