VMware Player 3.0 簡易インストール Windows 7 編

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

20091101_U7.png前回は Windows XP Pro の仮想マシンを簡易インストールを用い作成してみた。

ちょっと興味があるので Windows 7 も同様に可能か試してみることにする。

ちなみに左の画像はウルトラサイダーのウルトラセブンです。(ダイドードリンコさんの商品です)

 

前回の Windows XP Pro の簡易インストールでは、最初にプロダクトキーなどを設定したら無人インストールが可能であった。これは winnt.sif ファイルを用意することで可能である。

ちょっと話はずれるが、Hyper-V などに Windows XP を展開する時には、僕自身よく利用している。(無人展開用の winnt.sif ファイルが格納されたファイルを用意し、毎回それを利用している。きれいな環境が欲しくなる度に、そのような方法でインストールしているので、欲しいと思ってから1時間もあれば新しい環境が手に入るという事をしている)

しかし、Windows VISTA からは AIK という別の無人インストール方法に変わっている。
興味部分としては、Windows 7 も同様にその手法を使っているのか興味がでてきたので、せっかくなので試してみている。

新規仮想マシンの作成(Windows 7)

 

  1. 作成方法の選択
  2.   20091031_VMWarePlayer11.png

    Windows 7 の場合も 簡易インストールが利用可能みたいだ。


  3. 簡易インストール情報の設定
    20091031_VMWarePlayer12.png

    プロダクトキーも入力する項目がある。安心である。

  4. 仮想マシンの名前
    20091031_VMWarePlayer13.png

    この辺も XP の時と同じ。

  5. 仮想マシンのディスク容量
    20091031_VMWarePlayer14.png

    ディスク容量は40G くらいにしておく。せっかくインストールしたので評価することになるだろうし。

  6. 仮想マシンの作成準備完了
    20091031_VMWarePlayer15.png

    そのまま完了と。

  7. インストール

    しまった、インストール途中のスクリーンショットを取り忘れた!!
    完了を押下後、フロッピィディスクに autoinst.flp が挿入されていることを確認したと、ちょっと席をはずしてしまい、そのまま戻ってくるのを忘れてしまいスクリーンショットをとる機会を逃してしまった。つまり完了を押下後自動でWindows7の展開ができたことになる。

  8. 起動
    20091031_VMWarePlayer17.png

    無事インストールされていた。ログインして壁紙を変更してみたところのスクリーンショットです。(標準は違いますのでご安心を)

最後に

簡単インストールは、非常に容易にOSを導入できる。仮想環境を実験環境と割り切っている方には凄くうれしい機能かと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/12

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2009年11月 1日 10:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「VMware Player 3.0 簡易インストール」です。

次のブログ記事は「仮想マシンのDISK I/Oパフォーマンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。