車のフロントガラスの油膜?

| コメント(0) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク

2年ほど前に、新車を購入して快適に使用してきたが、最近フロントガラスが汚れてきた。

最初どのような汚れか分からなかったが、定期メンテナンスの時にディーラーの方から油膜ではないかとの指摘を受ける。

油膜取りや撥水コーティングのお値段を聞くが、意外といいお値段。DIYでお安くなんとなならないかと調べてみた。

 

調査

インターネットでフロントガラスの油膜についてしらべてみた。キーワードは「フロントガラス 油膜」で検索。調べてみた結果いろいろと分かった。

汚れ

フロントガラスの汚れは油膜であるらしいことは分かった。また、油膜以外にもシリコン皮膜で汚れている場合があるらしい。また、汚れを落とす道具、手段として以下のようなものが上がった。

  • 油膜取りウオシャー液を導入する
     
    ウッシャー液が空になったら、補充する。油膜が取れるらしい。
  • ウーロン茶で拭く

    フロントガラスをきれい水洗いして、ウーロン茶を含んだタオル等でガラスを拭く。 油膜が取れるらしい。
  • ガラスコンパウンド剤による磨き

    フロントガラスをきれいに洗って、ガラスコンパウンド剤でこする(?)らしい。油膜やシリコン皮膜に効果があるらしい
  • ディーラーに任せる
    確実にきれいになるような気がする。(お値段も高いし、DIYじゃない)

方針

とりあえず、DIYといっても、失敗して車にダメージを与えかねない方法は排除。あまり手が器用じゃない。あと即効性がある方法がよい(冬に近づき、雨が増えていくし、フロントガラスの汚れは運転にいいものではないので)

これを踏まえて、ウーロン茶。油膜だけならこれで行けそうだ。

また、今後ウオッシャー液を補充する時に、油膜取りウオッシャー液について検討する。

ただ撥水については作業せず、もし撥水が必要となったらプロのディーラーに任せようかと思う。

作業

サントリーウーロン茶 500ml (ペットボトル)があったので、それを利用した。雨の上がった翌日に、ウオッシャー液を噴霧してワイパーをかけてみる。(油膜のようなものが見えた)。フロントガラスが汚れてないことを確認して、100mほどタオルにしみこませて(というか、多すぎたような気がする)フロントガラスをちょっと力強く拭いた。2回ほど拭いたら、一応再度ウオッシャー液を噴霧してワイパーをかけてみた。これでおしまい。

結果

かなり削減されたように感じる。確実に見やすくなった。雨の日に再度確認してみたいと思う。

(注意:ワイパーのゴムの損傷、汚れなども要因にあがるらしいが、定期メンテナンスでワイパーのゴムは大丈夫と伺ったので、その部分は信用して、ゴムが大丈夫という前提で検討しています)

 

なお、このブログは自己体験を元に下もので結果を保証するものではありませんので、自己責任でおねがいします。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.m-tea.info/mt-tb.cgi/25

以前、車の油膜取りについて 車のフロントガラスの油膜 で、ウーロン茶を使った方法... 続きを読む

コメントする

あわせて読みたいブログパーツ

このブログ記事について

このページは、k1ha410が2009年11月28日 13:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネットワークファイルコピー中にWindows Server 2008 カーネルが高負荷(調査編)」です。

次のブログ記事は「ネットワークファイルコピー中にWindows Server 2008 カーネルが高負荷(再調査編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。