2009年11月アーカイブ

前回の C#からIronRubyスクリプトを呼び出してみる の記事を書いたが、続きについて書いてみる。

今回は、C#からIronRuby側に値を渡してみたいと思う。

 

ネットワークファイルコピー中にWindows Server 2008 カーネルが高負荷(調査編)で以下のように書いた。

今回は原因追求まではいかなかったが、Networkドライバの問題ではないかと考えられた。
最新のドライバを探したがなさそうであったので、今回はここまでとする。

なお、このマシンは、メインマシンからサブマシンに降格よていであるので、積極的に原因追求には至らないと思う。

 しかし、その後、twitter で「ドライババージョンを」と指摘をいただきましたので、その後について書いてみる。

2年ほど前に、新車を購入して快適に使用してきたが、最近フロントガラスが汚れてきた。

最初どのような汚れか分からなかったが、定期メンテナンスの時にディーラーの方から油膜ではないかとの指摘を受ける。

油膜取りや撥水コーティングのお値段を聞くが、意外といいお値段。DIYでお安くなんとなならないかと調べてみた。

 

ネットワークファイルコピー中にWindows Server 2008 カーネルが高負荷 の原因追求についてもう少し調べたので書いておく。

We love the kernel mode

| コメント(0) | トラックバック(0)

ふと、ロゴを作ってしまった。

 

C# から IronRuby の呼び出しをしてみたくなったので、試してみる。

 

Windows 7 Enterprise 64 bit 上に Windows Virtual PC を導入し、Windows 7 Professional 32bit を入れている。

この時、ホスト上で共有フォルダを作り、ゲストからアクセスすると遅い現象がでている。

これについて書いておく(解決策現状なし)

Windows Server 2008 から Windows Server 2008 R2 へ ファイルをコピーすることにした。

その結果、ものすごくカーネルに負荷がかかり、Hyper-V 上で動いているVMが動けない状況に遭遇した。その現象についてまとめておく。(ただし、対策は分からない)

Windows 7 Enterprise で SA を行使して Windows Virtual PC に Windows を導入しようとしている。この時、ログオン時に 仮想マシンを自動起動したくなって、挑戦してみた。

今までの解析で、IronRuby 0.9.2の不具合らしいと分かった。
このままほっておいても、幸せにはなれない。

かといって自分でパッチを当て続けるのも違う。

本家の方に見てもらう必要があるということで、修正イメージを報告する。

 

前回の調査で、連続要求発行の安定動作が見込めないことが分かった。

夜な夜な解析をしたので、そのことについて書いてみる。

 

IronRuby と MRIの連携(dRuby)で通信が出来るということは確認した。しかし、安定していないと当然使い物にならない。
この辺を確認するために、今回調べてみようと思う。

書籍購入

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前物欲にかられていた本を、本能のままに購入。

 

IronRuby と MRI の連携を考えてみる。

ruby には dRuby と呼ばれるライブラリがある。サイトを見ると以下のような記載がある

dRubyはRubyのメソッド呼び出しを拡張し、ネットワーク越しにメソッド呼び出しを行なえるようにするライブラリです。 JavaのRMIやHORBをイメージすると近いです。

また、100% pure ruby な実装とのことです

今回は、この dRuby を用いて、プロセス間通信をしてみる。

マイクロソフトのバーチャルハードディスク(VHD)を、最近さわることがあった。そういえば昔仮想マシンのDISK I/Oパフォーマンスを計測したことがあったなということで、再度計測して情報を転記しておく。

20091101_U7.png前回は Windows XP Pro の仮想マシンを簡易インストールを用い作成してみた。

ちょっと興味があるので Windows 7 も同様に可能か試してみることにする。

ちなみに左の画像はウルトラサイダーのウルトラセブンです。(ダイドードリンコさんの商品です)

 

あわせて読みたいブログパーツ

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。