2009年10月アーカイブ

デスクトップ仮想環境として、VMWare を長らく愛用してきた。特にVMWare Player は、低コストである程度使えるのでうれしかった。

その VMWare Player の最新バージョン 3.0 には、仮想マシンを作る機能が付いたとのことで試してみた。窓の杜の記事「VMwareシリーズの最新版が公開、無償の「VMware Player」に仮想PC作成機能が追加」によるとEasy Install というモードで全自動でOSが入るとのとのこと。

この機能を試してみたので記載しておく。

(スクリーンショットが多いが、ご愛嬌という事で)

引き続き IronRuby と MRI の比較を行いたいと思う。

数ヶ月前にIronRubyを知るために、IronRuby と matz氏のruby の実行結果を比較をした。
その結果を自分のPCのディスクの肥やしになっていてもしょうがないということで、記載してみようと思う。

基本的に、IronRuby は動くだろうという前提のもと、自分の興味のある部分についてテストしただけなので、まったくもって網羅されてない。

何故そんなことを思ったのかを踏まえて記載出来ればと思う。

前回、前々回、IronRubyの日本語処理について記述してきたが、今回は実際のコードのどの辺が影響しているか記述しようと思う。

 

IronRuby IronRuby 日本語処理 で IronRuby 0.9.1 では日本語処理が動作しないとあったが、一部、調査不足があった。実際には -Ks を付けることで動作するようだ。

 

 

IronRuby 日本語処理

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回、IronRuby の日本語処理で泣きたくなる状況という事を書きました。せっかくなのでこれについて、少しメモ程度に残しておこうと思う。

 

Rubyのスレッド

| コメント(0) | トラックバック(0)

 以前 第1回Hokuriku.rb(北陸Ruby勉強会)に参加してきた。その時次回予告でIronRubyについて挑戦しているようなことをお話し、以下のような次回予告をした。

20091015_Hokuriku_rb.png

 

ただ、IronRubyの日本語周りのサポート状況について調べていると、泣きたくなる状況であることが分かったため、IronRubyを触る頻度は落ちている。

 

 

しかしせっかく分かったことなので、その一部「スレッド」ということで書いてみようと思う。

Future Technology Days の Windows Azure に参加してきた。
この時 WebRole と WorkerRole という言葉を知ることになった。

この言葉を聞いていて思った事があったので、書いてみます。
(注意:完結していません)

 

購入予定書籍

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと購入を検討中の書籍をリストアップしておこう。

 

やり残したことがあるので、一応備忘録として記載

見た目のカスタマイズが主なので優先順位は低めで検討中

  • サイドバー(左)のWEBページのカスタマイズ
  • サイドバー(右)のアイテムのカスタマイズ
  • 本文中に商品画像をうまく張り込みたいな

 

ブログを始めます

| コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを始めます。

主に Ruby,仮想化,C# などに興味があります。またFITEAという団体に参加させていただいております。

興味があることなどを主に記載していきますので、よろしくお願いします。

あわせて読みたいブログパーツ

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。